特定医療法人 弘医会 福岡鳥飼病院

放射線科

現在の医療は、画像診断なくして成り立ちません。しっかりとした画像診断が医療の質を保証することにつながります。放射線科とは、X線写真、CT、MRI、透視、造影検査など様々な手段を駆使し、コンピューター技術により診断に有用な画像を得ることを目的とする部署です。

 

一般撮影

一般撮影では、X線を照射して胸やお腹、全身の骨などの透過像を撮影し、胸部の異常影や腹部の腸管ガス、骨折などの状態を画像として把握出来ます。

下記のものは脱衣していただくことがあります。(検査衣をご用意しております。)

温布薬・カイロ・エレキバン・ヘアピン・貴金属(ネックレス・ピアス)
ブラジャー・プラスチック類(ボタン等)・色鮮やかなプリント地のTシャツ等など
一般撮影

 

CT検査

CTとは、Computed Tomography(コンピューター断層撮影)の略です。頭部や胸部、腹部、骨など身体を透過したX線をコンピューターで解析して輪切りや3D画像等の撮影を行なう検査です。検査時間は検査の内容や部位によって異なりますが、約5~10分程度で済みます。

下記のものは脱衣していただくことがあります。(検査衣をご用意しております。)

貴金属(ネックレス・ピアス)・ブラジャー・チャック・エレキバン・ヘアーピン・カイロなど
CT

 

透視検査

透視検査では、消化管造影その中でも特に胃透視を行います。胃透視は、バリウムや胃を膨らませる発泡剤を飲み、その後身体を左右に向けたり、台を起こしたり倒したりしながらX線撮影を行います。その他、大腸の検査や骨の脱臼、骨折の整復なども行います。

X線を使って検査を行いますので、検査部位によって金属類、プラスチック類など取り除いていただき、検査衣に着替えていただきます。また、胃透視や大腸の検査は、事前に食事の制限など、ご協力いただくことがあります。

 

MRI検査

MRIとは、Magnetic Resonance Imaging 磁気共鳴画像の略です。X線を使わず、強い磁石を埋め込んだトンネルの中に入り電波を身体に当てることで体内の状態を撮像することができます。

MRI検査は、強い磁場と電波を使用しますので、下記に該当する方は検査を受けられません。

心臓にペースメーカーを埋め込まれている方
体内に電子電気部品を装着されている方
脳動脈瘤の手術を受け金属クリップを入れている方
金属製の人工心臓弁を入れている方
磁石式の入れ歯を入れている方
その他金属を体内にいれている方

インプラント等は事前に入れられた歯科医にご相談下さい。
お化粧は控えて下さい。(特にマスカラ、つけまつげ、カラーコンタクト等)
検査前に検査着に着替えていただきます。

MRI

特定医療法人 弘医会